未分類

Uber Eats(ウーバイーツ)現金払いって1日2万円受け取れるの?解説してみた。

フードデリバリーサービスとして最近注目を集めるUber Eats(ウーバイーツ)は、利用するにあたり、クレジットカードやデビットカードによるカード決済が基本となっていますが、最近では現金での対応も可能になっています。

ですが、現金払いを行うには条件や制限などがあるため、利用するにあたりシステムの理解が必要となります。

ここでは、Uber Eats(ウーバイーツ)の支払い方法などなら、

  • Uber Eats(ウーバイーツ)の現金払いの概要
  • 配達員が現金払いに対応するメリット・デメリット

これらのことを中心に詳しく解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払いとは?

料理配達完了時に現金で支払って料理を受け取るシステムで、代引きシステムとも呼ばれています。

オンラン決済による料金支払いが基本となっていますが、現金対応が可能になったことで、カードを使わなくてもUber Eatsの利用が可能になりました。

Uber Eatsの支払い方法

Uber Eatsの支払い方法は現金払いを含め以下のようになっています。

Uber Eatsの支払い方法

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • PayPay(ペイペイ)
  • Apple Pay(アップルペイ)
  • 現金払い(代引き)
  • Uber Cash(ウーバーキャッシュ)

これらがUber Eatsの利用に対応した支払方法になります。

表でもわかるようにカードやオンライン決済が基本となっていますが、現金払いにも対応しています。

サービスを利用する側である注文者、料理を配達する側である配達パートナー、このどちらから見ても、現金以外の支払い方法であれば、管理上メリットも豊富ですが、注文者の中には現金払いを好んで行う方や、オンラインやカードの扱いが不慣れな方もいるので、そのようなケースでは現金払いにメリットがあります。

現金払いのルール

この記事のタイトルにあるように、「現金払いって1日2万円受け取れるの?」という疑問に対しての答えですが、現金払いには条件があり「1度の注文金額の上限が配送手数料込みで10,000円以内」とルールが決められています。

つまり、1件あたりの上限さえ守れば、注文がある限り現金で受け取れるということになります。

ですが、現金払いに対応するということは、後述でも解説がありますが、それだけ支払いに対応できるだけのお釣りを現金で持って行動する必要がありますので、管理やトラブルに関しての注意が必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払いとは?

  • 支払方法は複数
  • 現金払いには上限がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払いで配達員が1日に受け取れる金額の目安

注文による現金の上限は1万円と決まっていますが、全ての現金注文が1万円で注文されるわけではく、また配達できる件数も限られてきますから、配達パートナーが1日に受け取れる金額には限りがあります。

また、注文の全てが現金払いではないこともポイントです。

ですので、現金払いで配達パートナーが1日に受け取れる金額の目安を考えた場合は、「一日における配達件数」「注文金額の平均金額」「現金の支払い率」これらのことが目安を知る上でのポイントです。

例えば、1日の配達件数が20件、注文金額の平均が1000円、現金での支払い率が50%だった場合は、1日に受け取れる金額の目安はおよそ1万円ということになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が現金払いに対応するメリット

Uber Eatsの配達パートナーが、現金払いに対応するメリットには以下のようなことがあります。

メリット

  • 現金をそのまま受け取れる
  • 対応できるユーザーの幅が広がる
  • 配達リクエストが増える

これらのことがメリットとしてあります。

現金払いで料金を受け取った場合は、売上としてそのまま配達パートナーに入るため、日払い感覚で報酬を得ることができます。

また、現金払いに対応するということは、カード以外の注文も受けられるということになるので、対応できるユーザーの幅が広がり、それによって配達リクエストが増えることも大きなメリットです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が現金払いに対応するデメリット

現金払いに対応することに上記のようなメリットがありますが、一方で現金対応によって以下のようなデメリットもあります。

デメリット

  • 現金を持ち歩く必要がある
  • 受け渡し時に時間のロスが発生する

現金の受け渡しを行うということは、現金のやり取という工程がひとつ加わるため、その分時間のロスが発生します。

また、お釣り用の現金を常に持ち歩く必要があるため、荷物がかさばる、現金トラブルによるリスク管理などもデメリットとしてあります。

また現金のやり取りは衛生面においても気になる方も多いため、人によっては衛生面においてもデメリットに感じます。

【注文者向け】Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いで注文する方法

サービスを利用する側である注文者が現金払いで料理を注文する方法は、以下の手順になります。

現金払いは注文アプリの設定変更で行えます。

現金払いの手順

  1. アプリを起動し「お支払い」を選択
  2. 「お支払方法追加」を選択
  3. 「現金」を選択

ポイントとしてはこの3つで設定自体は気軽に簡単に行えます。

ですが、上記でも解説したように、現金での注文上限は1万円であること、またそれを超えた場合はクレジットカードでの事前決済が必要などの注意が必要で、また酒類の注文には現金払いが対応されていません。

ですが、これらの注意点さえを踏まえておけば、カードやオンラインが苦手な方でも、気軽に便利にUber Eatsのサービスを受けることができるので、ユーザー目線で考えた際も、やはり現金対応可されたことは大きなメリットでしょう。

【注文者向け】Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いできない場合はどうする?

Uber Eatsで現金払いするには、アプリでの設定変更が必要ですが、エラーや不備などによって現金払いができないケースがあるようです。

現金払いができない場合の原因には、主に以下のようなケースがあります。

現金払いの手順

  • スマホのOSが古いバージョン
  • アプリそのものに不備がある
  • クレジット情報の不備

これらのことが原因として考えられます。

以下からは、これらの原因の対処法を見ていきます。

スマホのOSが古いバージョン

使用しているスマホのOSが古い場合、Uber Eatsのアプリが上手く動かない場合があるため、設定時にエラーが発生するケースがあります。

このような場合は、使っているスマホのOSを確認し、OSが古いようであれば最新のOSにバージョンアップしましょう。

アプリそのものに不備がある

原因がわからない場合は、Uber Eatsのアプリそのものに何らかの不備が生じているケースがあります。

このような場合は、古いキャッシュが残っていたり、アプリのバージョンが古いケースなどがあるため、一度アプリを落として再起動を試してみましょう。

クレジット情報の不備

クレジットカードを登録している場合は、クレジット設定になっているため、現金払いができないケースもあります。

この場合、手間は必要になりますが、一度登録しているクレジットカード情報を削除して試してみてください。

また、クレジットカードを再登録する際は、エラーが解消されていることを確認してから、クレジットカードを再登録しましょう。

まとめ

ここまで、Uber Eats(ウーバイーツ)の支払い方法などなら、Uber Eats(ウーバイーツ)の現金払いの概要、配達パートナーが現金払いに対応するメリット・デメリットなどを中心に詳しく解説してきました。

現金払いに対応することは、注文者、配達パートナーどちらからの視点からもメリットがあることがわかり、またそれによって今後Uber Eatsがさらに普及するといえます。

これから、サービスを利用される方、またこれから配達パートナーとして仕事をする方は、現金払いの仕組みやルールをしっかりと理解し、自分にとって特になるように上手く活用していきましょう。

-未分類

© 2021 ウーバーイーツの現金とチップ解説 Powered by AFFINGER5